一般財団法人 日本環境衛生センター アジア大気汚染研究センター
環境省環境研究総合推進費 /シンポジウム
HOME 概要
S-7-1
S-7-2
S-7-3
Symposium

越境大気汚染への挑戦2013」−国際協調による取組に向けて− を開催します!

   環境省の環境研究総合推進費による戦略的研究開発プロジェクトS-7「東アジアにおける広域大気汚染の解明と温暖化対策との共便益を考慮した大気環境管理の推進に関する総合的研究」(研究課題代表者:秋元 肇 一般財団法人日本環境衛生センターアジア大気汚染研究センター 所長)では、平成21年度から25年度までの計画で、東アジアにおける越境大気汚染問題の解決に向けた研究活動を進めているところです。
 この研究活動の内容をご紹介するとともに、東アジアにおける広域大気汚染問題について皆様と一緒に考えていただくため、一般公開シンポジウムを東京都内で開催します。

    皆様のご参加を心よりお待ちしています。
   

日  時:   平成25年11月1日(金)14:00〜17:30(開場13:30)

会  場: ソラシティカンファレンスセンター1F Room C(東京都千代田区神田駿河台4-6)

参 加 費:  無料

定   員: 100名 (先着順)

主     催: 環境省環境研究総合推進費S-7
                   ((一財)日本環境衛生センターアジア大気汚染研究センター)

申込方法:件名を「越境大気汚染への挑戦」とし、メール又はFAXで次の事項を申込先へご連絡くださ      い。参加証をお送りしますので、当日、必ずご持参ください。定員に達したためご参加いただ      けない場合は、その旨ご連絡いたします。
     なお、FAXの場合は、案内チラシ裏面の参加申込書がご利用できます。
       @名前(ふりがな)
       A所属機関(会社名)
       BTEL
       CFAX
       DE-mailアドレス
    
申 込 先:(株)日産社 プロジェクトS-7運営事務局
      E-mail: project-s-7@nissansha.co.jp
      FAX: 03-5570-3501

締   切: 平成25年10月29日(火) 12:00必着

シンポジウムプログラム・参加申込書はこちらからダウンロードできます。 参加申込書

プログラム
14:00〜14:05    開会挨拶      環境省
14:05〜14:20    環境省環境研究総合推進費S-7全体概要
           秋元 肇(アジア大気汚染研究センター 所長)
14:20〜14:50    成果報告@「日本のPM2.5はどこからくるか 〜越境汚染の寄与をさぐる〜」
              金谷 有剛
               (海洋研究開発機構地球環境変動領域 チームリーダー)
14:50〜15:20    成果報告A「アジアにおける大気汚染物質の排出実態から越境大気汚染問題を考え            る」
           大原 利眞 (国立環境研究所地域環境研究センター センター長)
15:20〜15:50    成果報告B「東アジアの大気汚染によって影響を受けている私たちの健康」
           山下 研 (アジア大気汚染研究センター 客員研究員)        
15:50〜16:05    休憩
16:05〜16:35    成果報告C「大気汚染対策の気候変動対策との関わりとコベネフィットアプロー            チ」
            秋元 肇
16:35〜17:05    成果報告D「越境大気汚染対策の促進に向けた国際的取組」
           鈴木 克徳(金沢大学環境保全センター センター長・教授)
17:05〜17:15    コメンテーターからのコメント
            柳下 正治(上智大学大学院地球環境学研究科 客員教授)
17:15〜17:30    全体質疑
    
17:30         閉会

sp

sp sp