一般財団法人 日本環境衛生センター

アジア大気汚染研究センター

Asia Center for Air Pollution Research (ACAP)

調査研究スタッフ

畠山史郎

ACAP所長 畠山史郎 Shiro Hatakeyama

氏名畠山史郎
所属/職名ACAP所長
研究課題主に東アジアの越境大気汚染やPM2.5に関連する研究
学位の種類理学博士
専門とする学問分野環境学 / 環境動態解析 / 複合化学 / 環境関連化学
自分の強みのキーワード広域越境大気汚染 , エアロゾル , 長距離輸送 , 化学変化, 長期モニタリング , 東アジア
略歴経歴
2019年4月 - 現在 アジア大気汚染研究センター 所長
2016年4月 - 現在  東京農工大学 名誉教授
2016年4月 - 2019年3月 埼玉県環境科学国際センター 総長
2010年4月 - 2016年3月 東京農工大学大学院農学研究院教授
2007年4月 - 2010年3月 東京農工大学大学院共生科学技術研究院教授
2006年 - 2007年 国立環境研究所アジア自然共生研究グループアジア広域大気研究室長
学歴
1976年4月 - 1979年3月 東京大学大学院 理学系研究科 化学専門課程(博士課程)
1974年4月 - 1976年3月 東京大学大学院 理学系研究科 化学専門課程(修士課程)
1970年4月 - 1974年3月 東京大学 理学部 化学科
URLhttp://web.tuat.ac.jp/~capehedo/
所属学会日本エアロゾル学会 , 大気環境学会 , 日本地球化学会 , American Geophysical Union( , American Chemical Society , 環境科学会 , 日本化学会 , 日本気象学会
個別研究課題有機エアロゾル・エアロゾル金属成分の観測、地球環境研究総合推進費(2010年 - 2012年)

東アジアから輸送されるエアロゾル化学成分の航空機観測、科学研究費補助金(2008年 - 2012年)

海洋上低層大気中の過酸化水素・有機過酸化物の測定、科学研究費補助金(2007年 - 2008年)

平成19年度アジア大陸からのエアゾルとその前駆物質の輸送・変質プロセスの解明に関する研究(2007年4月 - 2008年2月)

アジア大陸からのエアロゾルとその前駆物質の輸送・変質プロセスの解明に関する研究(2005年 - 2007年)

有機エアロゾルの地域規模・地球規模の気候影響に関する研究(2002年 - 2004年)

アジア太平洋地域の大気環境の改善(2001年 - 2003年)

アジア域の広域大気汚染による大気粒子環境の変調(1999年 - 2004年)
研究成果(誌上)
  • 兼保直樹、高見昭憲、佐藤圭、畠山史郎、林政彦、原圭一郎、Chang Lim-Seok, Ahn Joon-Young, 九州北部における春季の高濃度PM2.5と長距離輸送, 大気環境学会誌 45(5) 227-234 2010年

    J. L. Jimenez, M. R. Canagaratna, N. M. Donahue, A. S. H. Prevot, Q. Zhang, J. H. Kroll, P. F. DeCarlo, J. D. Allan, H. Coe, N. L. Ng, A. C. Aiken, K. S. Docherty, I. M. Ulbrich, A. P. Grieshop, A. L. Robinson, J. Duplissy, J. D. Smith, K. R. Wilson, V. A. Lanz, C. Hueglin, Y. L. Sun, J. Tian, A. Laaksonen, T. Raatikainen, J. Rautiainen, P. Vaattovaara, M. Ehn, M. Kulmala, J. M. Tomlinson, D. R. Collins, M. J. Cubison, E. J. Dunlea, J. A. Huffman, T. B. Onasch, M. R. Alfarra, P. I. Williams, K. Bower, Y. Kondo, J. Schneider, F. Drewnick, S. Borrmann, S. Weimer, K. Demerjian, D. Salcedo, L. Cottrell, R. Griffin, A. Takami, T. Miyoshi, S. Hatakeyama, A. Shimono, J. Y Sun, Y. M. Zhang, K. Dzepina, J. R. Kimmel, D. Sueper, J. T. Jayne, S. C. Herndon, A. M. Trimborn, L. R. Williams, E. C. Wood, A. M. Middlebrook, C. E. Kolb, U. Baltensperger, D. R. Worsnop, Evolution of Organic Aerosols in the Atmosphere, Science 326(11 December) 1525-1529 2009年

    LUN Xiaoxiu, TAKAMI Akinori, MIYOSHI Takao, and HATAKEYAMA Shiro, Characteristic of organic aerosol in a remote area of Okinawa Island, Journal of Environmental Sciences, 21(10) 1371–1377 2009年

    K. Sato, Hong Li, Y. Tanaka, S. Ogawa, Y. Iwasaki, A. Takami, S. Hatakeyama, Long-range transport of particulate polycyclic aromatic hydrocarbons at Cape Hedo remote island site in the East China Sea between 2005 and 2008, Journal of Atmospheric Chemistry 61(3) 243–257-257 2009年

    畠山史郎, 東アジアの大気環境, 大気環境学会誌 44(12) 339-340 2009年

    畠山史郎、エアロゾルなどの広域動態の観測、気象研究ノート 218 67-80 2008年

    X. Chen, M. Aoki, S. Zhang, J. Zhang, S. Nozoe, D. Komori, A. Takami, and S. Hatakeyama, Observation of hydrogen peroxide concentrations in a Japanese red pine forest, Journal of Atmospheric Chemistry 60(1) 37–49-49 2008年

    D. Chand, D. Jaffe, E. Prestbo, P. C. Swartzendruber, W. Hafner, P. Weiss-Penzias, S. Kato, A. Takami, S. Hatakeyama, Y. Kajii, Reactive and particulate mercury in the Asian marine boundary layer, Atmospheric Environment 42(34) 7988-7996 2008年

    Jeeranut Suthawaree, Shungo Kato, Akinori Takami, Hisayoshi Kadena, Mikiko Toguchi, Kazuo Yogi, Shiro Hatakeyama, Yoshizumi Kajii, Observation of ozone and carbon monoxide at Cape Hedo, Japan: Seasonal variation and influence of long-range transport, Atmospheric Environment 42(13) 2971-2981 2008年

    佐藤圭, Björn KLOTZ , 畠山史郎, 今村隆史, 芳香族炭化水素の大気酸化による二次有機エアロゾル生成, エアロゾル研究 23(2) 86-93 2008年

    Yoshihiro Takiguchi, Akinori Takami, Yasuhiro Sadanaga, Xiaoxiu Lun, Atsushi Shimizu, Ichiro Matsui, Nobuo Sugimoto, Wei Wang, Hiroshi Bandow, and Shiro Hatakeyama, Transport and transformation of total reactive nitrogen over the East China Sea, Journal of Geophysical Research 113(D10) D10306 2008年

    M. Shiraiwa, Y. Kondo, N. Moteki, N. Takegawa, L. K. Sahu, A. Takami, S. Hatakeyama, S. Yonemura, D. R. Blake, Radiative impact of mixing state of black carbon aerosol in Asian outflow, Journal of Geophysical Research 113(D24) D24210 2008年

    Wei Wang, Jianzhong Ma, Shiro Hatakeyama, Xiaoyu Liu, Yue Chen, Akinori Takami, Lihong Ren, Chunmei Geng, Aircraft measurements of vertical ultrafine particles profiles over Northern China coastal areas during dust storms in 2006, Atmospheric Environment 42(22) 5715-5720 2008年

    Q. Zhang, J. L. Jimenez, M. R. Canagaratna, J. D. Allan, H. Coe, I. Ulbrich, M. R. Alfarra, A. Takami, A. M. Middlebrook, Y. L. Sun, K. Dzepina, E. Dunlea, K. Docherty, P. F. DeCarlo, D. Salcedo, T. Onasch, J. T. Jayne, T. Miyoshi, A. Shimono, S. Hatakeyama, N. Takegawa, Y. Kondo, J. Schneider, F. Drewnick, S. Borrmann, S. Weimer, K. Demerjian, P. Williams, K. Bower, R. Bahreini, L. Cottrell, R. J, Ubiquity and dominance of oxygenated species in organic aerosols in anthropogenically-influenced Northern Hemisphere midlatitudes, Geophys. Res. Lett. 34(13) L13801 2007年

    片山学、大原利眞、鵜野伊津志、村野健太郎、畠山史郎、冬季・九州地域で観測された高濃度エピソードに対する中国メガシティの影響、大気環境学会誌 42(3) 175-187 2007年

    G. Wang, K. Kawamura, S. Hatakeyama, A. Takami, H. Li, W. Wang, Aircraft measurement of organic aerosols over China, Environ. Sci. Technol. 41(10) 3115-3120 2007年

    Jeeranut Suthawaree, Shungo Kato, Akinori Takami, Shiro Hatakeyama, Hisashi Kadena, Mikiko Togushi, Nobutaka Tomoyose, Kazuo Yogi, Daniel Jaffe, Phil Swarzendruber, Eric Prestbo, Yoshizumi Kajii, Influence from long-range transport of Asian outflow on O3, CO, and VOCs concentrations during an intensive measurement campaign at Cape Hedo, Okinawa, in spring 2004, 大気環境学会誌 42(6) 350-361 2007年

    A. Takami, T. Miyoshi, A. Shimono, N. Kaneyasu, S. Kato, Y. Kajii and S. Hatakeyama, Transport of anthropogenic aerosols from Asia and subsequent chemical transformation, J. Geophys. Res. 112(D22) D22S31 2007年

    佐藤圭、田中友里愛、李紅、小川志保、畠山史郎、沖縄辺戸岬における有機エアロゾルの組成と季節変化:2005~2006年に観測された多環芳香族炭化水素、地球化学 41(4) 145-153 2007年

    K. Sato, S. Hatakeyama, and T. Imamura, Secondary organic aerosol formation during the photooxidation of toluene: NOx dependence of chemical composition, J. Phys. Chem. A, 111(39) 9796-9808 2007年

    B. Qi, Y. Kanaya, A. Takami, S. Hatakeyama, S. Kato,Y. Sadanaga, H. Tanimoto, and Y. Kajii, Diurnal peroxy radical chemistry at a remote coastal site over the sea of Japan, J. Geophys. Res 112(D17) D17306 2007年

    T. Primbs, S.L. Simonich, D. Schmedding, G. Wilson, D. Jaffe, A. Takami, S. Kato, S.Hatakeyama, and Y. Kajii, Atmospheric Outflow of Anthropogenic Semivolatile Organic Compounds from East Asia in Spring 2004, Environmental Science and Technology 41(10) 3551–3558-3558 2007年

    W. Wang, L.-F. Bao, H.-J. Liu, X. Yue, J.-H. Chen, H. Li, L.-H. Ren, D.-G. Tang, S. Hatakeyama, and A, Takami, Vertical profiles of aerodynamic size distribution for airborne particles over Yangtze River Delta, Chinese Physics 16(9) 2818-2824 2007年

    畠山史郎,高見昭憲,三好猛雄, 王瑋, 中国から東シナ海を経て沖縄まで輸送されるエアロゾル中の主要イオンの関係, エアロゾル研究 21(2) 147-152 2006年

    B. Qi, A. Takami, and S. Hatakeyama, A calibration method for measurement of small alkyl organic peroxy radicals by chemical amplifier, Analytical Science 22(8) 1091-1093 2006年

    B. Qi, K. Sato, T. Imamura, A. Takami, S. Hatakeyama, and Y. Ma, Production of the radicals in the ozonolysis of ethene: a chamber study by FT-IR and PERCA, Chemical Physics Letters 427(4-6) 461-465 2006年

    渡辺征春、奥村真一郎、鈴木 睦、吉田重臣、川上修司、佐野琢己、柴崎和夫、畠山史郎、北 和之、小川利紘、航空機搭載センサ“Airborne-OPUS”による二酸化硫黄ガスのリモートセンシング:アルゴリズム開発と検証実験、日本リモートセンシング学会誌 26(3) 173-185 2006年

    Wang, W., H. Liu, X. Yue, H. Li, J. Chen, L Ren, D. Tang, S. Hatakeyama, and A. Takami, Study on acidity and acidic buffering capacity of particulate matter over Chinese eastern coastal areas in spring, Journal of Geophysical Research 111(D18) D18207-D18207 2006年

    A. Takami, W. Wang, D. Tang, and S. Hatakeyama, Measurements of gas and aerosol for two weeks in northern China during the winter-spring period of 2000, 2001, and 2002, Atmospheric Research 82 688-697 2006年

    高見昭憲、今井孝典、清水 厚、松井一郎、杉本伸夫、畠山史郎、沖縄辺戸で観測された人為起源エアロゾルと黄砂の輸送、エアロゾル研究 21(4) 341-347 2006年

    K. Arao, M. Nishikawa, S. Hatakeyama, A. Takami, S. Matsuyama, and T. Hayasaka, Atmospheric turbid cinditions due to fine particles in recent years at Nagasaki, Japan, J. Environ. Studies, Nagasaki University 9 23-30 2006年

    S. Hatakeyama, A. Takami, W. Wang, and D. Tang, Aerial observation of air pollutants and aerosols over Bo Hai, China, Atmospheric Environment 39(32) 5893-5898 2005年

    高見昭憲,日暮明子,三好猛雄,下野彰夫,畠山史郎, 東シナ海域日本海側の北部と南部におけるエアロゾル化学組成の差異, エアロゾル研究 20(4) 352-354 2005年

    D. Jaffe, E. Prestbo, P. Swartzendruber, P. Weiss-Penzias, S. Kato, A. Takami, S. Hatakeyama and Y. Kajii, "Export of atmospheric mercury from Asia", Atmospheric Environment 39(17) 3029-3038 2005年

    A. Takami, T. Miyoshi, A. Shimono, and S. Hatakeyama, "Chemical Composition of Fine Aerosol Measured by AMS at Fukue Island, Japan During APEX Period”, Atmospheric Environment 39(27) 4913-4924 2005年

    Q. Bin, A. Takami, and S. Hatakeyama, Peroxy Radical Concentrations Measured above a Forest Canopy in Nikko, Japan, in Summer 2002, Journal of Atmospheric Chemistry 52(1) 63-79 2005年

    S. Hatakeyama, A. Takami, F. Sakamaki, H. Mukai, N. Sugimoto, A. Shimizu,and H. Bandow、"Aerial measurement of air pollutants and aerosols during March 20–22, 2001, over the East China Sea"、J. Geophys. Res 109(13304) 13304 2004年

    畠山史郎,片平菊野、高見昭憲、菅田誠治、劉発華、北和之, 奥日光山岳域における夏季および秋季のオゾン濃度変動, 大気環境学会誌 39(3) 158-170 2004年

    T. Imamura, Y. Iida, K. Obi, I. Nagatani, K. Nakagawa, I. Patroescu-Klotz, and S. Hatakeyama, "Rate Coefficients for the Gas-Phase Reactions of OH Radicals with Methylbutenols at 298K ", Int. J. Chem. Kinet. 36(7) 379-385 2004年

    K. Sato, B. Klotz, S. Hatakeyama, T. Imamura, Y. Washizu, Y. Matsumi, and N. Washida, "Secondary Organic Aerosol Formation during the Photo-Oxidation of Toluene: Dependence on Initial Hydrocarbon Concentration", Bull. Chem. Soc. Jpn. 77(4) 667-671 2004年
    ( 1) 畠山史郎, 還元状態有機硫黄化合物の大気中への放出と酸化反応 ---全地球的な硫黄循環への寄与, 大気汚染学会誌, 20, 1-11(1985).
    ( 2) 畠山史郎、秋元 肇, 活性酸素種の大気化学, 季刊 化学総説  7, 118-130 (1990).
    ( 3) 畠山史郎 , <酸性雨問題特集>酸性雨生成のメカニズム , 環境と測定技術、 18, 62-71 (1991).
    ( 4) 畠山史郎, 有機エアロゾルとその生成機構, エアロゾル研究、 6, 106-112 (1991).
    ( 5) 畠山史郎, 酸性雨, ジュリスト、 992, 8-9 (1991).
    ( 6) 畠山史郎, オゾン層破壊および地球温暖化が及ぼす酸性雨への影響, 資源環境対策、 29, 827-833 (1993).
    ( 7)Shiro Hatakeyama and Hajime Akimoto, "Reactionsof the Criegee Intermediates in the Gas Phase." , Res.Chem. Intermediates ,20, 503-524 (1994).
    ( 8) 畠山史郎、村野健太郎, 酸性雨問題の現状と対策, 産業と環境、 23, 53-58 (1994).
    ( 9) 畠山史郎, 最近の酸性雨の化学, 気象研究ノート、 No.182, 83-93 (1994).
    (10) 畠山史郎, 都市近郊の森林の周辺大気中における硫黄酸化物の酸化反応, 環境技術、 23, 18-21 (1994).
    (11) 畠山史郎、大気中の有機過酸化物の生成過程と測定、大気環境学会誌、 30, 215-223 (1995).
    (12) 畠山史郎、嵯峨井勝、NOの大気中での反応、季刊 化学総説、 30 ,35-45 (1996).
    (13) 畠山史郎、奥日光山岳地域の大気汚染、グリーン・パワー、 1996年 7月号, 36-37(1996).
    (14) 畠山史郎、奥日光地方における森林衰退と酸性降下物・酸化性大気汚染物質、環境科学会誌、 12, 227-232 (1999)
    (15) 畠山史郎、光化学スモッグは終わっていない--車の急増で汚染が拡大--、食べもの通信、 No.342, 8-10, (1999).
    (16) 畠山史郎、山紫水明の環境を子孫に残せるか?、JOYOARC, 31(11), 40-41 (1999).
    (17) 畠山史郎、森はなぜ枯れるのか?、化学と教育, 48(10), 644-646 (2000).
    (18) 畠山史郎、山の木はなぜ枯れるのか?、めぐみ, No.188, 44-52 (2004).
    (19) 畠山史郎、越境する大気汚染1:広域大気汚染と観測、不思議を追って181-研究室の扉を開く-、常陽新聞2005年11月9日(5面)
    (20) 畠山史郎、東アジアのABC (Atmospheric Brown Clouds)、OECC会報、49, 3 (2006).
    (21) 畠山史郎、長距離輸送されるエアロゾルの影響は?、空気清浄、46 (1)、1 (2008).
    (22) 畠山史郎、エアロゾルなどの広域動態の観測、気象研究ノート、218, 67-80 (2008).
    (23) 畠山史郎、3.1.1 (4) 東アジアの大気環境、大気環境学会誌、44, 339-340 (2009).
    (24) 畠山史郎、東アジアから輸送されるエアロゾルの植物・人間系へのインパクト解明を目指して、エアロゾル研究, 26(2), 103-107 (2011).
    (25) 杉本 伸夫, 兼保 直樹, 畠山 史郎, 早川 和一, 定永 靖宗, 向井 苑生, 内田 昌男、東アジアのエアロゾル・大気汚染物質の輸送と広域分布の解明、エアロゾル研究, 26(2), 115-119 (2011).
    (26) 畠山史郎、小川佳美、中国から飛来する多環芳香族炭化水素化合物、クリーンテクノロジー、24 (2), 44-49 (2014).
    (27) 畠山史郎、PM2.5・大気汚染物質の生成、分布、輸送、変質、ビルと環境、No.144,7-16 (2014).
    Air Pollution Impacts on Plants in East Asia, Springer 2017年 ISBN: 978-4-431-56436-2
    畠山史郎 (担当: 分担執筆, 範囲:Chapter 1 “Gaseous Species”; Chapter 2 “Aerosols”)

    もっと知りたいPM2.5の科学、日刊工業新聞社 2016年1月 ISBN:978-4-526-07509-4
    畠山史郎 (担当:共著)

    みんなが知りたいPM2.5の疑問25、成山堂 2014年5月 ISBN:978-4-425-51371-0
    畠山史郎 (担当: 共編者)

    越境する大気汚染ー中国のPM2.5ショック、PHP新書 2014年1月 ISBN:978-4-569-81740-8
    畠山史郎

    黄砂、古今書院 2009年 ISBN:978-4-7722-3125-1

    大気と微粒子の話、京都大学学術出版会 2008年 ISBN:978-4-87698-833-4

    「第5版実験化学講座20-2」3.1.3 二酸化硫黄、丸善株式会社 2007年 ISBN:978-4-621-07806-8

    「第5版実験化学講座20-2」3.1.13 酸化性物質、丸善株式会社 2007年 ISBN:978-4-621-07806-8

    「エアロゾルの大気環境影響」4.1 エアロゾルおよびその前駆体の航空機観測、京都大学出版会 2007年 ISBN:978-4-87698-9

    Hemispheric Transport of AIr Pollution 2007 (air Pollution Studies No. 16), United Nations Publication 2007年 ISBN:978-92-1-116984-3

    ”Effects of Pollutants on Atmospheric Environment”Chapter 3 “Long-range Transport of Air-pollutants in the East Asian Pacific Rim Region” in ”Effects of Pollutants on Atmospheric Environment”

    United Nations Educational Scientific and Cultural Organization 2006年

    「先端の分析法-理工学からナノ・バイオまで」第2編応用編第11章環境、第5節「大気環境分析」、エヌ・ティー・エス 2004年 ISBN:4-86043-067-0

    「エアロゾル用語集」6.計測・測定「航空機観測」、京都大学出版会 2004年 ISBN:4-87698-634-7

    酸性雨-誰が森林をいためているのか?、日本評論社 2003年 ISBN:4-535-04823-1


  • 兼保直樹、高見昭憲、佐藤圭、畠山史郎、林政彦、原圭一郎、Chang Lim-Seok, Ahn Joon-Young, 九州北部における春季の高濃度PM2.5と長距離輸送, 大気環境学会誌 45(5) 227-234 2010年

    J. L. Jimenez, M. R. Canagaratna, N. M. Donahue, A. S. H. Prevot, Q. Zhang, J. H. Kroll, P. F. DeCarlo, J. D. Allan, H. Coe, N. L. Ng, A. C. Aiken, K. S. Docherty, I. M. Ulbrich, A. P. Grieshop, A. L. Robinson, J. Duplissy, J. D. Smith, K. R. Wilson, V. A. Lanz, C. Hueglin, Y. L. Sun, J. Tian, A. Laaksonen, T. Raatikainen, J. Rautiainen, P. Vaattovaara, M. Ehn, M. Kulmala, J. M. Tomlinson, D. R. Collins, M. J. Cubison, E. J. Dunlea, J. A. Huffman, T. B. Onasch, M. R. Alfarra, P. I. Williams, K. Bower, Y. Kondo, J. Schneider, F. Drewnick, S. Borrmann, S. Weimer, K. Demerjian, D. Salcedo, L. Cottrell, R. Griffin, A. Takami, T. Miyoshi, S. Hatakeyama, A. Shimono, J. Y Sun, Y. M. Zhang, K. Dzepina, J. R. Kimmel, D. Sueper, J. T. Jayne, S. C. Herndon, A. M. Trimborn, L. R. Williams, E. C. Wood, A. M. Middlebrook, C. E. Kolb, U. Baltensperger, D. R. Worsnop, Evolution of Organic Aerosols in the Atmosphere, Science 326(11 December) 1525-1529 2009年

    LUN Xiaoxiu, TAKAMI Akinori, MIYOSHI Takao, and HATAKEYAMA Shiro, Characteristic of organic aerosol in a remote area of Okinawa Island, Journal of Environmental Sciences, 21(10) 1371–1377 2009年

    K. Sato, Hong Li, Y. Tanaka, S. Ogawa, Y. Iwasaki, A. Takami, S. Hatakeyama, Long-range transport of particulate polycyclic aromatic hydrocarbons at Cape Hedo remote island site in the East China Sea between 2005 and 2008, Journal of Atmospheric Chemistry 61(3) 243–257-257 2009年

    畠山史郎, 東アジアの大気環境, 大気環境学会誌 44(12) 339-340 2009年

    畠山史郎、エアロゾルなどの広域動態の観測、気象研究ノート 218 67-80 2008年

    X. Chen, M. Aoki, S. Zhang, J. Zhang, S. Nozoe, D. Komori, A. Takami, and S. Hatakeyama, Observation of hydrogen peroxide concentrations in a Japanese red pine forest, Journal of Atmospheric Chemistry 60(1) 37–49-49 2008年

    D. Chand, D. Jaffe, E. Prestbo, P. C. Swartzendruber, W. Hafner, P. Weiss-Penzias, S. Kato, A. Takami, S. Hatakeyama, Y. Kajii, Reactive and particulate mercury in the Asian marine boundary layer, Atmospheric Environment 42(34) 7988-7996 2008年

    Jeeranut Suthawaree, Shungo Kato, Akinori Takami, Hisayoshi Kadena, Mikiko Toguchi, Kazuo Yogi, Shiro Hatakeyama, Yoshizumi Kajii, Observation of ozone and carbon monoxide at Cape Hedo, Japan: Seasonal variation and influence of long-range transport, Atmospheric Environment 42(13) 2971-2981 2008年

    佐藤圭, Björn KLOTZ , 畠山史郎, 今村隆史, 芳香族炭化水素の大気酸化による二次有機エアロゾル生成, エアロゾル研究 23(2) 86-93 2008年

    Yoshihiro Takiguchi, Akinori Takami, Yasuhiro Sadanaga, Xiaoxiu Lun, Atsushi Shimizu, Ichiro Matsui, Nobuo Sugimoto, Wei Wang, Hiroshi Bandow, and Shiro Hatakeyama, Transport and transformation of total reactive nitrogen over the East China Sea, Journal of Geophysical Research 113(D10) D10306 2008年

    M. Shiraiwa, Y. Kondo, N. Moteki, N. Takegawa, L. K. Sahu, A. Takami, S. Hatakeyama, S. Yonemura, D. R. Blake, Radiative impact of mixing state of black carbon aerosol in Asian outflow, Journal of Geophysical Research 113(D24) D24210 2008年

    Wei Wang, Jianzhong Ma, Shiro Hatakeyama, Xiaoyu Liu, Yue Chen, Akinori Takami, Lihong Ren, Chunmei Geng, Aircraft measurements of vertical ultrafine particles profiles over Northern China coastal areas during dust storms in 2006, Atmospheric Environment 42(22) 5715-5720 2008年

    Q. Zhang, J. L. Jimenez, M. R. Canagaratna, J. D. Allan, H. Coe, I. Ulbrich, M. R. Alfarra, A. Takami, A. M. Middlebrook, Y. L. Sun, K. Dzepina, E. Dunlea, K. Docherty, P. F. DeCarlo, D. Salcedo, T. Onasch, J. T. Jayne, T. Miyoshi, A. Shimono, S. Hatakeyama, N. Takegawa, Y. Kondo, J. Schneider, F. Drewnick, S. Borrmann, S. Weimer, K. Demerjian, P. Williams, K. Bower, R. Bahreini, L. Cottrell, R. J, Ubiquity and dominance of oxygenated species in organic aerosols in anthropogenically-influenced Northern Hemisphere midlatitudes, Geophys. Res. Lett. 34(13) L13801 2007年

    片山学、大原利眞、鵜野伊津志、村野健太郎、畠山史郎、冬季・九州地域で観測された高濃度エピソードに対する中国メガシティの影響、大気環境学会誌 42(3) 175-187 2007年

    G. Wang, K. Kawamura, S. Hatakeyama, A. Takami, H. Li, W. Wang, Aircraft measurement of organic aerosols over China, Environ. Sci. Technol. 41(10) 3115-3120 2007年

    Jeeranut Suthawaree, Shungo Kato, Akinori Takami, Shiro Hatakeyama, Hisashi Kadena, Mikiko Togushi, Nobutaka Tomoyose, Kazuo Yogi, Daniel Jaffe, Phil Swarzendruber, Eric Prestbo, Yoshizumi Kajii, Influence from long-range transport of Asian outflow on O3, CO, and VOCs concentrations during an intensive measurement campaign at Cape Hedo, Okinawa, in spring 2004, 大気環境学会誌 42(6) 350-361 2007年

    A. Takami, T. Miyoshi, A. Shimono, N. Kaneyasu, S. Kato, Y. Kajii and S. Hatakeyama, Transport of anthropogenic aerosols from Asia and subsequent chemical transformation, J. Geophys. Res. 112(D22) D22S31 2007年

    佐藤圭、田中友里愛、李紅、小川志保、畠山史郎、沖縄辺戸岬における有機エアロゾルの組成と季節変化:2005~2006年に観測された多環芳香族炭化水素、地球化学 41(4) 145-153 2007年

    K. Sato, S. Hatakeyama, and T. Imamura, Secondary organic aerosol formation during the photooxidation of toluene: NOx dependence of chemical composition, J. Phys. Chem. A, 111(39) 9796-9808 2007年

    B. Qi, Y. Kanaya, A. Takami, S. Hatakeyama, S. Kato,Y. Sadanaga, H. Tanimoto, and Y. Kajii, Diurnal peroxy radical chemistry at a remote coastal site over the sea of Japan, J. Geophys. Res 112(D17) D17306 2007年

    T. Primbs, S.L. Simonich, D. Schmedding, G. Wilson, D. Jaffe, A. Takami, S. Kato, S.Hatakeyama, and Y. Kajii, Atmospheric Outflow of Anthropogenic Semivolatile Organic Compounds from East Asia in Spring 2004, Environmental Science and Technology 41(10) 3551–3558-3558 2007年

    W. Wang, L.-F. Bao, H.-J. Liu, X. Yue, J.-H. Chen, H. Li, L.-H. Ren, D.-G. Tang, S. Hatakeyama, and A, Takami, Vertical profiles of aerodynamic size distribution for airborne particles over Yangtze River Delta, Chinese Physics 16(9) 2818-2824 2007年

    畠山史郎,高見昭憲,三好猛雄, 王瑋, 中国から東シナ海を経て沖縄まで輸送されるエアロゾル中の主要イオンの関係, エアロゾル研究 21(2) 147-152 2006年

    B. Qi, A. Takami, and S. Hatakeyama, A calibration method for measurement of small alkyl organic peroxy radicals by chemical amplifier, Analytical Science 22(8) 1091-1093 2006年

    B. Qi, K. Sato, T. Imamura, A. Takami, S. Hatakeyama, and Y. Ma, Production of the radicals in the ozonolysis of ethene: a chamber study by FT-IR and PERCA, Chemical Physics Letters 427(4-6) 461-465 2006年

    渡辺征春、奥村真一郎、鈴木 睦、吉田重臣、川上修司、佐野琢己、柴崎和夫、畠山史郎、北 和之、小川利紘、航空機搭載センサ“Airborne-OPUS”による二酸化硫黄ガスのリモートセンシング:アルゴリズム開発と検証実験、日本リモートセンシング学会誌 26(3) 173-185 2006年

    Wang, W., H. Liu, X. Yue, H. Li, J. Chen, L Ren, D. Tang, S. Hatakeyama, and A. Takami, Study on acidity and acidic buffering capacity of particulate matter over Chinese eastern coastal areas in spring, Journal of Geophysical Research 111(D18) D18207-D18207 2006年

    A. Takami, W. Wang, D. Tang, and S. Hatakeyama, Measurements of gas and aerosol for two weeks in northern China during the winter-spring period of 2000, 2001, and 2002, Atmospheric Research 82 688-697 2006年

    高見昭憲、今井孝典、清水 厚、松井一郎、杉本伸夫、畠山史郎、沖縄辺戸で観測された人為起源エアロゾルと黄砂の輸送、エアロゾル研究 21(4) 341-347 2006年

    K. Arao, M. Nishikawa, S. Hatakeyama, A. Takami, S. Matsuyama, and T. Hayasaka, Atmospheric turbid cinditions due to fine particles in recent years at Nagasaki, Japan, J. Environ. Studies, Nagasaki University 9 23-30 2006年

    S. Hatakeyama, A. Takami, W. Wang, and D. Tang, Aerial observation of air pollutants and aerosols over Bo Hai, China, Atmospheric Environment 39(32) 5893-5898 2005年

    高見昭憲,日暮明子,三好猛雄,下野彰夫,畠山史郎, 東シナ海域日本海側の北部と南部におけるエアロゾル化学組成の差異, エアロゾル研究 20(4) 352-354 2005年

    D. Jaffe, E. Prestbo, P. Swartzendruber, P. Weiss-Penzias, S. Kato, A. Takami, S. Hatakeyama and Y. Kajii, "Export of atmospheric mercury from Asia", Atmospheric Environment 39(17) 3029-3038 2005年

    A. Takami, T. Miyoshi, A. Shimono, and S. Hatakeyama, "Chemical Composition of Fine Aerosol Measured by AMS at Fukue Island, Japan During APEX Period”, Atmospheric Environment 39(27) 4913-4924 2005年

    Q. Bin, A. Takami, and S. Hatakeyama, Peroxy Radical Concentrations Measured above a Forest Canopy in Nikko, Japan, in Summer 2002, Journal of Atmospheric Chemistry 52(1) 63-79 2005年

    S. Hatakeyama, A. Takami, F. Sakamaki, H. Mukai, N. Sugimoto, A. Shimizu,and H. Bandow、"Aerial measurement of air pollutants and aerosols during March 20–22, 2001, over the East China Sea"、J. Geophys. Res 109(13304) 13304 2004年

    畠山史郎,片平菊野、高見昭憲、菅田誠治、劉発華、北和之, 奥日光山岳域における夏季および秋季のオゾン濃度変動, 大気環境学会誌 39(3) 158-170 2004年

    T. Imamura, Y. Iida, K. Obi, I. Nagatani, K. Nakagawa, I. Patroescu-Klotz, and S. Hatakeyama, "Rate Coefficients for the Gas-Phase Reactions of OH Radicals with Methylbutenols at 298K ", Int. J. Chem. Kinet. 36(7) 379-385 2004年

    K. Sato, B. Klotz, S. Hatakeyama, T. Imamura, Y. Washizu, Y. Matsumi, and N. Washida, "Secondary Organic Aerosol Formation during the Photo-Oxidation of Toluene: Dependence on Initial Hydrocarbon Concentration", Bull. Chem. Soc. Jpn. 77(4) 667-671 2004年
  • ( 1) 畠山史郎, 還元状態有機硫黄化合物の大気中への放出と酸化反応 ---全地球的な硫黄循環への寄与, 大気汚染学会誌, 20, 1-11(1985).
    ( 2) 畠山史郎、秋元 肇, 活性酸素種の大気化学, 季刊 化学総説  7, 118-130 (1990).
    ( 3) 畠山史郎 , <酸性雨問題特集>酸性雨生成のメカニズム , 環境と測定技術、 18, 62-71 (1991).
    ( 4) 畠山史郎, 有機エアロゾルとその生成機構, エアロゾル研究、 6, 106-112 (1991).
    ( 5) 畠山史郎, 酸性雨, ジュリスト、 992, 8-9 (1991).
    ( 6) 畠山史郎, オゾン層破壊および地球温暖化が及ぼす酸性雨への影響, 資源環境対策、 29, 827-833 (1993).
    ( 7)Shiro Hatakeyama and Hajime Akimoto, "Reactionsof the Criegee Intermediates in the Gas Phase." , Res.Chem. Intermediates ,20, 503-524 (1994).
    ( 8) 畠山史郎、村野健太郎, 酸性雨問題の現状と対策, 産業と環境、 23, 53-58 (1994).
    ( 9) 畠山史郎, 最近の酸性雨の化学, 気象研究ノート、 No.182, 83-93 (1994).
    (10) 畠山史郎, 都市近郊の森林の周辺大気中における硫黄酸化物の酸化反応, 環境技術、 23, 18-21 (1994).
    (11) 畠山史郎、大気中の有機過酸化物の生成過程と測定、大気環境学会誌、 30, 215-223 (1995).
    (12) 畠山史郎、嵯峨井勝、NOの大気中での反応、季刊 化学総説、 30 ,35-45 (1996).
    (13) 畠山史郎、奥日光山岳地域の大気汚染、グリーン・パワー、 1996年 7月号, 36-37(1996).
    (14) 畠山史郎、奥日光地方における森林衰退と酸性降下物・酸化性大気汚染物質、環境科学会誌、 12, 227-232 (1999)
    (15) 畠山史郎、光化学スモッグは終わっていない--車の急増で汚染が拡大--、食べもの通信、 No.342, 8-10, (1999).
    (16) 畠山史郎、山紫水明の環境を子孫に残せるか?、JOYOARC, 31(11), 40-41 (1999).
    (17) 畠山史郎、森はなぜ枯れるのか?、化学と教育, 48(10), 644-646 (2000).
    (18) 畠山史郎、山の木はなぜ枯れるのか?、めぐみ, No.188, 44-52 (2004).
    (19) 畠山史郎、越境する大気汚染1:広域大気汚染と観測、不思議を追って181-研究室の扉を開く-、常陽新聞2005年11月9日(5面)
    (20) 畠山史郎、東アジアのABC (Atmospheric Brown Clouds)、OECC会報、49, 3 (2006).
    (21) 畠山史郎、長距離輸送されるエアロゾルの影響は?、空気清浄、46 (1)、1 (2008).
    (22) 畠山史郎、エアロゾルなどの広域動態の観測、気象研究ノート、218, 67-80 (2008).
    (23) 畠山史郎、3.1.1 (4) 東アジアの大気環境、大気環境学会誌、44, 339-340 (2009).
    (24) 畠山史郎、東アジアから輸送されるエアロゾルの植物・人間系へのインパクト解明を目指して、エアロゾル研究, 26(2), 103-107 (2011).
    (25) 杉本 伸夫, 兼保 直樹, 畠山 史郎, 早川 和一, 定永 靖宗, 向井 苑生, 内田 昌男、東アジアのエアロゾル・大気汚染物質の輸送と広域分布の解明、エアロゾル研究, 26(2), 115-119 (2011).
    (26) 畠山史郎、小川佳美、中国から飛来する多環芳香族炭化水素化合物、クリーンテクノロジー、24 (2), 44-49 (2014).
    (27) 畠山史郎、PM2.5・大気汚染物質の生成、分布、輸送、変質、ビルと環境、No.144,7-16 (2014).
  • Air Pollution Impacts on Plants in East Asia, Springer 2017年 ISBN: 978-4-431-56436-2
    畠山史郎 (担当: 分担執筆, 範囲:Chapter 1 “Gaseous Species”; Chapter 2 “Aerosols”)

    もっと知りたいPM2.5の科学、日刊工業新聞社 2016年1月 ISBN:978-4-526-07509-4
    畠山史郎 (担当:共著)

    みんなが知りたいPM2.5の疑問25、成山堂 2014年5月 ISBN:978-4-425-51371-0
    畠山史郎 (担当: 共編者)

    越境する大気汚染ー中国のPM2.5ショック、PHP新書 2014年1月 ISBN:978-4-569-81740-8
    畠山史郎

    黄砂、古今書院 2009年 ISBN:978-4-7722-3125-1

    大気と微粒子の話、京都大学学術出版会 2008年 ISBN:978-4-87698-833-4

    「第5版実験化学講座20-2」3.1.3 二酸化硫黄、丸善株式会社 2007年 ISBN:978-4-621-07806-8

    「第5版実験化学講座20-2」3.1.13 酸化性物質、丸善株式会社 2007年 ISBN:978-4-621-07806-8

    「エアロゾルの大気環境影響」4.1 エアロゾルおよびその前駆体の航空機観測、京都大学出版会 2007年 ISBN:978-4-87698-9

    Hemispheric Transport of AIr Pollution 2007 (air Pollution Studies No. 16), United Nations Publication 2007年 ISBN:978-92-1-116984-3

    ”Effects of Pollutants on Atmospheric Environment”Chapter 3 “Long-range Transport of Air-pollutants in the East Asian Pacific Rim Region” in ”Effects of Pollutants on Atmospheric Environment”

    United Nations Educational Scientific and Cultural Organization 2006年

    「先端の分析法-理工学からナノ・バイオまで」第2編応用編第11章環境、第5節「大気環境分析」、エヌ・ティー・エス 2004年 ISBN:4-86043-067-0

    「エアロゾル用語集」6.計測・測定「航空機観測」、京都大学出版会 2004年 ISBN:4-87698-634-7

    酸性雨-誰が森林をいためているのか?、日本評論社 2003年 ISBN:4-535-04823-1


研究成果(口頭)
  • 【国際会議】

    Chemical composition of aerosol collected on board in the Aerial observation in autumn, 2009, The 8th International Symposium on Advanced Environmental Monitoring, 2010

    Chemical composition of aerosol collected on board in the Aerial observation in autumn, 2009, The 8th International Symposium on Advanced Environmental Monitoring, 2010

    2009 Aerial observation of aerosols transported from East Asia, Japan Geoscience Union Meeting 2010, 2010

    Difference in Carbonaceous Aerosols Simultaneously Measured at Beijing and Cape Hedo, Okinawa, The International Workshop "Frontiers of Black Carbon Studies", 2010

    Measurement of elemental carbon at CHAAMS in spring 2009, Japan Geoscience Union Meeting 2010, 2010

    PAHs and n-alkanes in the aerosol transported around the East China Sea, the 8th International Aerosol Conference, 2010

    Ionic composition of aerosols collected on board during the aerial observation carried out over the East China Sea in October, 2009, the 8th International Aerosol Conference, 2010

    Increase of Sulphate in Fine Aerosols in Okinawa, Japan, the 8th International Aerosol Conference, 2010

    Aerial Observation of Aerosols and Gases Transported from East Asia in March-April, 2008, 18th International Conference on Nucleation and Atmospheric Aerosols, 2009

    LEXTRA -- Aerial Observation of Aerosols and Gases over the East China Sea in March-April, 2008, 4th Japan-China-Korea Joint Conference on Meteorology, 2009

    Variation of Carbonaceous Aerosols in Polluted Air Mass Transported from East Asia, 4th Japan-China-Korea Joint Conference on Meteorology, 2009

    Variation of of Carbonaceous Aerosols in Polluted Air Mass Transported from East Asia, AOGS 6th Annual General Meeting, 2009

    Impacts of aerosols in East Asia on plants and human health – an introduction to a new project in Japan, The 1st International Symposium on Science and Impact of Atmospheric Brown Clouds (ABCs), 2009

    Variation of of Carbonaceous Aerosols in Polluted Air Mass Transported from East Asia, AOGS 6th Annual General Meeting, 2009

    Impacts of aerosols in East Asia on plants and human health – an introduction to a new project in Japan, The 1st International Symposium on Science and Impact of Atmospheric Brown Clouds (ABCs) , 2009

    Aerial observations of long-range transported aerosols in East Asia, International Aerosol Symposium 2008, 2008

    Long-term monitoring of ambient aerosols at Okinawa, Japan, International Aerosol Symposium 2008, 2008

    Comparison between the hygroscopicity and cloud condensation nuclei activity of atmospheric aerosol particles at Cape Hedo, Okinawa, International Aerosol Symposium 2008, 2008

    Lagrangian observation of aerosols and atmospheric pollutants over the East China Sea between Fukue and Okinawa - preliminary report, International Aerosol Symposium 2008, 2008

    Long-term measurement of aerosol at Cape Hedo, Japan using Q-AMS, AAAR's 27th Annual Conference, 2008

    Airplane campaign in NE Asia, International Workshop on Regional and Intercontinental Transport of Air Pollution, 2008

    Chemical Closure on Hygroscopic Properties of Aerosol Particles at Okinawa Island, Japan During Spring 2007, IGAC 10th International Conference, 2008

    Transition of Particulate Nitrate from Fine Mode in Emission Source Area near Mega-Cities in China to Coarse Mode After Long Range Transport, 2nd KOSAE-JSAE Joint Symposium, 2007

    Chemical composition of aerosols transported from the East Asia, Joint Task Force on Hemispheric Transport of Air Pollution and WMO Workshop on Integrated Observatons for Assessing Hemispheric Air Pollution, 2007

    Transformation of Nitrates during the Transport of Air from China to Okinawa, JAPAN, 17th International Conference on Nucleation and Atmospheric Aerosol, 2007

    Changes of Nitrate in Aerosols Observed at Cape Hedo, Okinawa after Long-Range Transport from the East Asia, The 5th Asian Aerosol Conference, 2007

    Transformation of Aerosol Chemical Composition during Transport in East China Sea, IUGG meeting 2007, 2007

    Three Years Measurement of sulfate at Okinawa, Japan in Spring Period, AAAR 26th Annual Conference, 2007

    Characteristic size distribution of sulphate aerosols influenced by Asian outflow, European Aerosol Conference EAC 2007, 2007

    An Outline of Cape Hedo Atmosphere and Aerosol Monitoring Station (CHAAMS) and Measurements of Chemical Components of Aerosols in CHAAMS, International Workshop on Regional Atmospheric Environment Monitoring and Long Range Transport, 2006

    Aircraft Observations of Air Pollutants around Large Cities in China, The 8th International Symposium on Building and Urban Environmental Engineering, 2006

    Establishment of Japanese super site, Cape Hedo Atmosphere and Aerosol Monitoring Station (CHAAMS), and measurements of nitrate there in 2006, 8th AANESWM, 2006

    Measurements of Aerosols Transported from the East Asia at Cape Hedo Atmosphere and Aerosol Monitoring Station (CHAAMS) in Okinawa (Plenary), The 8th International Symposium on Building and Urban Environmental Engineering, 2006

    EC and OC transported from northern China accompanied by Asian yellow sand dust, Joint CACGP/IGAC/WMO Symposium “Atmospheric Chemistry at the Interfaces 2006”, 2006

    Changes of chemical composition of aerosols measured at Cape Hedo, Okinawa after long-range transport from the East Asia with Asian dust, International Workshop on Regional Ecology and its Environmental Effect, 2006

    Atmospheric pollutants observed by aerial observation experiments around mega-cities in China., The First International Symposium by the China, Korea and Japan Meteorological Societies ------- Atmospheric Sciences in East Asia ------, 2005

    Observations of atmospheric mercury species outflow from asia at Cape Hedo, Okinawa and Mt. Bachelor, USA, International Conference on Heavy Metals in the Environment, 2005

    SO4/HN4 ratio of aerosols in China and sulfate formation during the long-range transport of pollutants from the East Asia, 2nd Earth Care Workshop, 2005

    Transport and transformation of atmospheric pollutants in East Asia – Aerial and ground based observations in China and in the East China Sea, the International conference on Environment , Ecology and Pollution, 2005

    Aerial observations of atmospheric pollutants in China, IAMAS2005, 2005

    Establishment of Japanese super site, Cape Hedo Atmosphere and Aerosol Monitoring Station (CHAAMS), and measurements of EC/OC at Cape Hedo in 2004, 12th National Conference on Atmospheric Environment, China, 2005

    Urban ozone and East Asian back-ground ozone measured in Oku-Nikko mountainous area near Tokyo, Asia Oceania Geoscience Society 2nd Annual Meeting, 2005

    Aerial Observations of Atmospheric Pollutants in China, 8th International Global Atmospheric Chemistry Conference, 2004

    Cape Hedo Super Site and measurements of aerosos there, Jeju ABC Workshop 2004, 2004

    The toxicity of peroxides to several plants by atmospheric level concentration in the presence of ozone, International Symposium on Food Production and Environmental Conservation in the Face of Global Environmental Deterioration, 2004

    Diurnal and Seasonal Variations of the O3 Dry Deposition Velocity on a Red Pine Forest and Its Relationship with Microclimate Factors, International Symposium on Food Production and Environmental Conservation in the Face of Global Environmental Deterioration, 2004

    Sulfate Aerosol Concentration, Flux and Deposition Velocity above Red Pine Forests and Paddy Rice Field, International Symposium on Food Production and Environmental Conservation in the Face of Global Environmental Deterioration, 2004

    Chemical Composition of Fine Aerosols Measured in East China Sea, The 10th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering Conference, 2004

    Chemical Composition of Aerosols Measured by Ams at Okinawa Japanin Winter-Spring Period, 23rd Annual AAAR Conference, 2004

    Aerial Observation of Aerosol and Atmospheric Pollutants in East Asia, 16th International Conference on Nucleation & Atmospheric Aerosols, 2004

    Ground Observations of Gas and Aerosols in China and East Asia, 16th International Conference on Nucleation & Atmospheric Aerosols, 2004

    Concentration of H2O2 at the Summit of Mt. Fuji: Summer-Autumn Campaigns '99, 01 and 02, 16th International Conference on Nucleation & Atmospheric Aerosols, 2004

    Aerosol Size and Composition Measurements in Fukue Island Using an Aerosol Mass Spectrometer, 16th International Conference on Nucleation & Atmospheric Aerosols, 2004


    【国内学会等】

    神奈川県における大気エアロゾルに含まれるイオン成分の濃度について、第51回大気環境学会年会 2010年

    2009年10月の東シナ海上空における航空機観測での窒素酸化物の動態、第51回大気環境学会年会 2010年

    神奈川県における大気エアロゾルに含まれるイオン成分の濃度について、第51回大気環境学会年会 2010年

    2009年10月の東シナ海上空における航空機観測での窒素酸化物の動態、第51回大気環境学会年会 2010年

    長崎県福江島で観測されたコンパクトエアロゾル質量分析計によるエアロゾルの化学組成分析、第51回大気環境学会年会 2010年

    九州北部における高濃度硫酸塩のリアルタイム観測結果による解析、第51回大気環境学会年会 2010年

    2009年10月の航空機観測による東シナ海上空に輸送されたエアロゾルイオン成分の解析、第51回大気環境学会年会 2010年

    2009年10月の東シナ海上空における航空機観測でのエアロゾル金属成分、第51回大気環境学会年会 2010年

    清浄地域の窒素酸化物の日内濃度変動解析、日本地球惑星科学連合2010年大会 2010年

    2009年-2010年に辺戸岬、福江島、福岡で測定したPAHsとn-アルカン、第51回大気環境学会年会 2010年

    冬季の沖縄辺戸岬で観測された炭素質エアロゾルから見た東アジアからの大規模大気汚染の特徴、第51回大気環境学会年会 2010年

    平塚~丹沢山塊間でのエアロゾル化学成分の変化、第51回大気環境学会年会 2010年

    沖縄辺戸岬でのPM2.5粒子状物質の重量濃度変動、第27回エアロゾル科学・技術研究討論会 2010年

    九州北部の都市および離島における2009年度のPM2.5濃度変動、第27回エアロゾル科学・技術研究討論会 2010年

    2009年春季および秋季に辺戸岬,福江島,福岡で測定したPAHsとn-アルカン類、第27回エアロゾル科学・技術研究討論会 2010年

    2009年10月の東シナ海上空における航空機観測でのエアロゾルイオン成分、第27回エアロゾル科学・技術研究討論会 2010年

    東アジアから輸送される炭素質エアロゾルの輸送パターンと汚染プルームの特徴、第27回エアロゾル科学・技術研究討論会 2010年

    2009年10月の東シナ海上空における航空機観測でのエアロゾル金属成分、第27回エアロゾル科学・技術研究討論会 2010年

    東アジアから東シナ海周辺に輸送されるエアロゾルの金属成分、第27回エアロゾル科学・技術研究討論会 2010年

    2008年春に東シナ海域で行った航空機観測 LEXTRA、日本地球惑星科学連合2009年大会 2009年

    3-ヘキセン-1-オールのオゾン酸化反応系での二次有機エアロゾル生成、日本化学会第89春季年会 2009年

    東アジアから輸送される汚染大気中の有機エアロゾル、日本化学会第89春季年会 2009年

    沖縄県辺戸岬における大気中窒素化合物の連続観測とCMAQ モデル計算結果との比較、日本化学会第89春季年会 2009年

    大気エアロゾル成分の植生への沈着観測、第26回エアロゾル科学・技術研究討論会 2009年

    008年LEXTRA航空機観測におけるエアロゾル中のイオン成分および金属成分、第26回エアロゾル科学・技術研究討論会 2009年

    沖縄でのエアロゾル長期観測と濃度変化、第26回エアロゾル科学・技術研究討論会 2009年

    沖縄辺戸岬における越境大気汚染物質濃度の観測とCMAQ化学物質輸送モデルとの比較解析、第50回大気環境学会 2009年

    フィルターパックを用いた乾性沈着直接測定法の検討、第50回大気環境学会 2009年

    清浄地域におけるガス状硝酸・粒子状硝酸の濃度変動解析、第50回大気環境学会 2009年

    2008年LEXTRA航空機観測におけるエアロゾル中のイオン成分および金属成分、第50回大気環境学会 2009年

    沖縄辺戸岬におけるEC、OCの季節と発生源地域別の変動、第50回大気環境学会 2009年

    沖縄辺戸岬におけるガス状過酸化水素の季節変化、第50回大気環境学会 2009年

    沖縄辺戸岬における有機エアロゾルの組成と季節変化:2005-2007 年に観測されたn-アルカン類、日本地球惑星科学連合2008年大会 2008年

    東シナ海域におけるガスおよびエアロゾルの航空機観測、第25回エアロゾル科学・技術研究討論会 2008年

    中国北東部と福江、沖縄における航空機、地上観測による長距離輸送間の汚染質の変質過程観測、第25回エアロゾル科学・技術研究討論会 2008年

    大気エアロゾルの輸送中の変質について、第25回エアロゾル科学・技術研究討論会 2008年

    2008年春季東シナ海上空での航空機観測によるオゾン、SO2、エアロゾル化学成分、第14回大気化学討論会 2008年

    航空機および地上観測によるブラックカーボン濃度の測定、第14回大気化学討論会 2008年

    粒子状硝酸塩連続測定装置のキャラクタリゼーション、第14回大気化学討論会 2008年

    沖縄辺戸岬におけるEC、OCモニタリング、第14回大気化学討論会 2008年

    アジア大陸からの長距離輸送過程におけるNOy、ガス状硝酸、粒子状硝酸の濃度変動について、第14回大気化学討論会 2008年

    エアロゾル粒子の吸湿成長因子の変動から雲凝結核能力を理解する試み:沖縄における観測例、第14回大気化学討論会 2008年

    Long-term observation of VOCs concentrations at Cape Hedo, Okinawa、第14回大気化学討論会 2008年

    沖縄辺戸および小笠原父島におけるsulfate/black carbon濃度比の変化、第49回大気環境学会年会 2008年

    福江-沖縄間東シナ海上空におけるエアロゾル・大気汚染物質の観測、第49回大気環境学会年会 2008年

    アジア大陸からの長距離輸送過程における窒素酸化物種の変動解析、第49回大気環境学会年会 2008年

    東シベリア、沿海州地域における降水成分及びガス・粒子状成分濃度 (第7 報)、第49回大気環境学会年会 2008年

    エアロゾルの同期観測と輸送中の変質、第24回エアロゾル科学・技術研究討論会 2007年

    Long-range Transport of Organic Aerosol from Continental Origin to Cape Hedo, Japan、第24回エアロゾル科学・技術研究討論会 2007年

    沖縄辺戸岬におけるレーザーイオン化個別粒子質量分析計を用いた大気エアロゾル観測、第24回エアロゾル科学・技術研究討論会 2007年

    中国など東アジアに由来する長距離越境大気汚染の観測-観測ネットワークの必要性-、世界エコ・サイエンスネットワーク会議 2007年

    2006年春の中国における大気・エアロゾルの航空機観測および地上観測、第24回エアロゾル科学・技術研究討論会 2007年

    沖縄辺戸岬におけるエアロゾル化学成分の観測 -ナイトレートの場合-、2007年度日本海洋学会秋季大会 2007年

    沖縄辺戸岬におけるNOy・ガス状硝酸長期連続観測、2007年度日本海洋学会秋季大会 2007年

    中国北京・天津周辺における大気汚染物質の航空機観測と地上観測、第48回大気環境学会 2007年

    中国舟山、武当山、峨眉山における大気汚染質の観測、第48回大気環境学会 2007年

    東シベリア、沿海州地域における降水成分およびガス・粒子状成分濃度(第6報)、第48回大気環境学会 2007年

    日光白根山で捕らえた大陸からのオゾン、第27回酸性雨問題研究会シンポジウム「越境大気汚染と山岳観測」 2007年

    海洋上低層大気中の過酸化水素・有機過酸化物の測定、第2回特定領域研究「大気海洋物質循環」全体会議 2007年

    エアロゾルとは?-環境問題から有効利用まで-、和光市民講座:身近なエアロゾル-環境問題から有効利用まで- 2007年

    中国国内と日本におけるエアロゾルイオン成分濃度比較、第17回大気化学シンポジウム 2007年

    トルエンの光酸化で生成するエアロゾル組成の初期NOx濃度依存性、第17回大気化学シンポジウム 2007年

    Long-range transport of organic aerosol from continental origin to Cape Hedo, Okinawa、第17回大気化学シンポジウム 2007年

    沖縄辺戸岬における大気エアロゾル中に含まれる硝酸塩の季節変動、第17回大気化学シンポジウム 2007年

    中国北京・天津周辺における大気汚染物質の航空機観測(2006年4-5月)、日本化学会第87春季年会 2007年

    中国における大気汚染物質の航空機観測とこれに同期した地上観測(2006 年4-5 月)におけるエアロゾル化学成分の特徴、日本地球惑星科学連合2008年大会 2007年

    東アジア域における窒素系化合物の輸送と変質、日本地球惑星科学連合2008年大会 2007年

    トルエンの光酸化で生じる二次有機粒子:組成のNOx依存性と反応機構の検証、第23回化学反応討論会 2007年

    沖縄への汚染大気の長距離輸送:一酸化炭素とオゾンの季節変化、日本化学会第85春季年会 2006年

    沖縄辺戸岬における炭化水素類の2003観測結果の気流解析、日本化学会第85春季年会 2006年

    アジア地域のバックグラウンド大気の変化と日本への影響-中国における航空機観測と日光白根山における観測から-、学術会議・農業環境工学研究連絡委員会 小委員会シンポジウム 2005年

    航空機による中国内陸部上空の大気汚染物質・エアロゾルの観測、第22回エアロゾル科学・技術研究討論会 2005年

    沖縄辺戸岬大気・エアロゾル観測ステーションの建設とエアロゾルの観測、第46回大気環境学会 2005年

    春季福江島と沖縄辺戸岬で観測したエアロゾル化学成分の比較、第15回大気化学シンポジウム 2005年

    北関東域での地表オキシダントのトレンドと増大要因、第15回大気化学シンポジウム 2005年

    都市大気起源SO2,及びNOxの酸化に関して雲がもたらす影響の評価-PEACE-C航空機観測-、第15回大気化学シンポジウム 2005年

    航空機搭載紫外分光リモート・センサによる三宅島上空のSO2観測:ガス気柱量推定値の放射伝達計算への依存性の検討、第15回大気化学シンポジウム 2005年

    シクロへキセンのオゾン分解で生成する二次有機粒子のHPLC/MS分析、第15回大気化学シンポジウム 2005年

    中国中央部内陸上空における大気汚染物質の航空機観測、日本化学会第85春季年会 2005年

    アジア地域のバックグラウンド大気の変化と日本への影響-中国における航空機観測と日光白根山における観測から-、学術会議・農業環境工学研究連絡委員会 小委員会シンポジウム 2005年

    航空機観測による中国大陸上空の水溶性有機エアロゾル:2003年夏における低分子ジカルボン酸類の分布の特徴、第11回大気化学討論会 2005年

    春季における大気エアロゾルの観測、第10回大気化学討論会 2004年

    飛行機を使って中国の大気汚染を探る-酸性雨・地球温暖化とのかかわり-、平成16年度国立環境研究所公開シンポジウム 2004年

    航空機搭載紫外分光計Air-borne OPUSによって観測された三宅島噴煙中SO2の解析、日本リモートセンシング学会第36回学術講演会 2004年

    中国における航空機観測によって測定された大気汚染物質、第14回大気化学シンポジウム 2004年

    エアロゾル質量分析計を用いたAPEX期間中の大気エアロゾルの観測、第14回大気化学シンポジウム 2004年

    Air-borne OPUSによる紫外分光観測:三宅島SO2の水平分布解析と他の観測例との比較、第14回大気化学シンポジウム 2004年

    2003年の地上および航空機観測の概要と2002年観測結果の解析、文部科学省科学研究費補助金特定領域研究「東アジアにおけるエアロゾルの大気環境インパクト」平成15年度シンポジウム 2004年

    中国の大規模発生源地域におけるSO2/NOx比、日本化学会第84春季年会 2004年

    沖縄県辺戸岬における大気中エアロゾルの観測、日本化学会第84春季年会 2004年

    中国-東シナ海-沖縄を長距離輸送されるエアロゾルのSO42-, NO3-, NH4+およびCa2+のバランス、第10回大気化学討論会 2004年

    AMSを用いた沖縄辺戸岬でのエアロゾルの観測と化学成分の分析、第21回エアロゾル科学・技術研究討論会 2004年

    航空機観測で得られたエアロゾル化学成分間の相関、第21回エアロゾル科学・技術研究討論会 2004年

    航空機観測による中国および東シナ海上のエアロゾル化学成分観測、2004年度日本地球化学会第51回年会 2004年

    中国における航空機観測とエアロゾル、第45回大気環境学会 2004年

    沖縄県辺戸岬でのエアロゾル質量分析計による大気エアロゾルの観測、第45回大気環境学会 2004年

    中国や日本周辺における航空機観測による大気エアロゾルとその輸送・変質、エアロゾルシンポジウム 2004年

    冬期における中国大陸から沖縄への高濃度汚染気塊の直接飛来の観測、大気環境学会中部支部講演会 2004年
  • 【国際会議】

    Chemical composition of aerosol collected on board in the Aerial observation in autumn, 2009, The 8th International Symposium on Advanced Environmental Monitoring, 2010

    Chemical composition of aerosol collected on board in the Aerial observation in autumn, 2009, The 8th International Symposium on Advanced Environmental Monitoring, 2010

    2009 Aerial observation of aerosols transported from East Asia, Japan Geoscience Union Meeting 2010, 2010

    Difference in Carbonaceous Aerosols Simultaneously Measured at Beijing and Cape Hedo, Okinawa, The International Workshop "Frontiers of Black Carbon Studies", 2010

    Measurement of elemental carbon at CHAAMS in spring 2009, Japan Geoscience Union Meeting 2010, 2010

    PAHs and n-alkanes in the aerosol transported around the East China Sea, the 8th International Aerosol Conference, 2010

    Ionic composition of aerosols collected on board during the aerial observation carried out over the East China Sea in October, 2009, the 8th International Aerosol Conference, 2010

    Increase of Sulphate in Fine Aerosols in Okinawa, Japan, the 8th International Aerosol Conference, 2010

    Aerial Observation of Aerosols and Gases Transported from East Asia in March-April, 2008, 18th International Conference on Nucleation and Atmospheric Aerosols, 2009

    LEXTRA -- Aerial Observation of Aerosols and Gases over the East China Sea in March-April, 2008, 4th Japan-China-Korea Joint Conference on Meteorology, 2009

    Variation of Carbonaceous Aerosols in Polluted Air Mass Transported from East Asia, 4th Japan-China-Korea Joint Conference on Meteorology, 2009

    Variation of of Carbonaceous Aerosols in Polluted Air Mass Transported from East Asia, AOGS 6th Annual General Meeting, 2009

    Impacts of aerosols in East Asia on plants and human health – an introduction to a new project in Japan, The 1st International Symposium on Science and Impact of Atmospheric Brown Clouds (ABCs), 2009

    Variation of of Carbonaceous Aerosols in Polluted Air Mass Transported from East Asia, AOGS 6th Annual General Meeting, 2009

    Impacts of aerosols in East Asia on plants and human health – an introduction to a new project in Japan, The 1st International Symposium on Science and Impact of Atmospheric Brown Clouds (ABCs) , 2009

    Aerial observations of long-range transported aerosols in East Asia, International Aerosol Symposium 2008, 2008

    Long-term monitoring of ambient aerosols at Okinawa, Japan, International Aerosol Symposium 2008, 2008

    Comparison between the hygroscopicity and cloud condensation nuclei activity of atmospheric aerosol particles at Cape Hedo, Okinawa, International Aerosol Symposium 2008, 2008

    Lagrangian observation of aerosols and atmospheric pollutants over the East China Sea between Fukue and Okinawa - preliminary report, International Aerosol Symposium 2008, 2008

    Long-term measurement of aerosol at Cape Hedo, Japan using Q-AMS, AAAR's 27th Annual Conference, 2008

    Airplane campaign in NE Asia, International Workshop on Regional and Intercontinental Transport of Air Pollution, 2008

    Chemical Closure on Hygroscopic Properties of Aerosol Particles at Okinawa Island, Japan During Spring 2007, IGAC 10th International Conference, 2008

    Transition of Particulate Nitrate from Fine Mode in Emission Source Area near Mega-Cities in China to Coarse Mode After Long Range Transport, 2nd KOSAE-JSAE Joint Symposium, 2007

    Chemical composition of aerosols transported from the East Asia, Joint Task Force on Hemispheric Transport of Air Pollution and WMO Workshop on Integrated Observatons for Assessing Hemispheric Air Pollution, 2007

    Transformation of Nitrates during the Transport of Air from China to Okinawa, JAPAN, 17th International Conference on Nucleation and Atmospheric Aerosol, 2007

    Changes of Nitrate in Aerosols Observed at Cape Hedo, Okinawa after Long-Range Transport from the East Asia, The 5th Asian Aerosol Conference, 2007

    Transformation of Aerosol Chemical Composition during Transport in East China Sea, IUGG meeting 2007, 2007

    Three Years Measurement of sulfate at Okinawa, Japan in Spring Period, AAAR 26th Annual Conference, 2007

    Characteristic size distribution of sulphate aerosols influenced by Asian outflow, European Aerosol Conference EAC 2007, 2007

    An Outline of Cape Hedo Atmosphere and Aerosol Monitoring Station (CHAAMS) and Measurements of Chemical Components of Aerosols in CHAAMS, International Workshop on Regional Atmospheric Environment Monitoring and Long Range Transport, 2006

    Aircraft Observations of Air Pollutants around Large Cities in China, The 8th International Symposium on Building and Urban Environmental Engineering, 2006

    Establishment of Japanese super site, Cape Hedo Atmosphere and Aerosol Monitoring Station (CHAAMS), and measurements of nitrate there in 2006, 8th AANESWM, 2006

    Measurements of Aerosols Transported from the East Asia at Cape Hedo Atmosphere and Aerosol Monitoring Station (CHAAMS) in Okinawa (Plenary), The 8th International Symposium on Building and Urban Environmental Engineering, 2006

    EC and OC transported from northern China accompanied by Asian yellow sand dust, Joint CACGP/IGAC/WMO Symposium “Atmospheric Chemistry at the Interfaces 2006”, 2006

    Changes of chemical composition of aerosols measured at Cape Hedo, Okinawa after long-range transport from the East Asia with Asian dust, International Workshop on Regional Ecology and its Environmental Effect, 2006

    Atmospheric pollutants observed by aerial observation experiments around mega-cities in China., The First International Symposium by the China, Korea and Japan Meteorological Societies ------- Atmospheric Sciences in East Asia ------, 2005

    Observations of atmospheric mercury species outflow from asia at Cape Hedo, Okinawa and Mt. Bachelor, USA, International Conference on Heavy Metals in the Environment, 2005

    SO4/HN4 ratio of aerosols in China and sulfate formation during the long-range transport of pollutants from the East Asia, 2nd Earth Care Workshop, 2005

    Transport and transformation of atmospheric pollutants in East Asia – Aerial and ground based observations in China and in the East China Sea, the International conference on Environment , Ecology and Pollution, 2005

    Aerial observations of atmospheric pollutants in China, IAMAS2005, 2005

    Establishment of Japanese super site, Cape Hedo Atmosphere and Aerosol Monitoring Station (CHAAMS), and measurements of EC/OC at Cape Hedo in 2004, 12th National Conference on Atmospheric Environment, China, 2005

    Urban ozone and East Asian back-ground ozone measured in Oku-Nikko mountainous area near Tokyo, Asia Oceania Geoscience Society 2nd Annual Meeting, 2005

    Aerial Observations of Atmospheric Pollutants in China, 8th International Global Atmospheric Chemistry Conference, 2004

    Cape Hedo Super Site and measurements of aerosos there, Jeju ABC Workshop 2004, 2004

    The toxicity of peroxides to several plants by atmospheric level concentration in the presence of ozone, International Symposium on Food Production and Environmental Conservation in the Face of Global Environmental Deterioration, 2004

    Diurnal and Seasonal Variations of the O3 Dry Deposition Velocity on a Red Pine Forest and Its Relationship with Microclimate Factors, International Symposium on Food Production and Environmental Conservation in the Face of Global Environmental Deterioration, 2004

    Sulfate Aerosol Concentration, Flux and Deposition Velocity above Red Pine Forests and Paddy Rice Field, International Symposium on Food Production and Environmental Conservation in the Face of Global Environmental Deterioration, 2004

    Chemical Composition of Fine Aerosols Measured in East China Sea, The 10th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering Conference, 2004

    Chemical Composition of Aerosols Measured by Ams at Okinawa Japanin Winter-Spring Period, 23rd Annual AAAR Conference, 2004

    Aerial Observation of Aerosol and Atmospheric Pollutants in East Asia, 16th International Conference on Nucleation & Atmospheric Aerosols, 2004

    Ground Observations of Gas and Aerosols in China and East Asia, 16th International Conference on Nucleation & Atmospheric Aerosols, 2004

    Concentration of H2O2 at the Summit of Mt. Fuji: Summer-Autumn Campaigns '99, 01 and 02, 16th International Conference on Nucleation & Atmospheric Aerosols, 2004

    Aerosol Size and Composition Measurements in Fukue Island Using an Aerosol Mass Spectrometer, 16th International Conference on Nucleation & Atmospheric Aerosols, 2004


    【国内学会等】

    神奈川県における大気エアロゾルに含まれるイオン成分の濃度について、第51回大気環境学会年会 2010年

    2009年10月の東シナ海上空における航空機観測での窒素酸化物の動態、第51回大気環境学会年会 2010年

    神奈川県における大気エアロゾルに含まれるイオン成分の濃度について、第51回大気環境学会年会 2010年

    2009年10月の東シナ海上空における航空機観測での窒素酸化物の動態、第51回大気環境学会年会 2010年

    長崎県福江島で観測されたコンパクトエアロゾル質量分析計によるエアロゾルの化学組成分析、第51回大気環境学会年会 2010年

    九州北部における高濃度硫酸塩のリアルタイム観測結果による解析、第51回大気環境学会年会 2010年

    2009年10月の航空機観測による東シナ海上空に輸送されたエアロゾルイオン成分の解析、第51回大気環境学会年会 2010年

    2009年10月の東シナ海上空における航空機観測でのエアロゾル金属成分、第51回大気環境学会年会 2010年

    清浄地域の窒素酸化物の日内濃度変動解析、日本地球惑星科学連合2010年大会 2010年

    2009年-2010年に辺戸岬、福江島、福岡で測定したPAHsとn-アルカン、第51回大気環境学会年会 2010年

    冬季の沖縄辺戸岬で観測された炭素質エアロゾルから見た東アジアからの大規模大気汚染の特徴、第51回大気環境学会年会 2010年

    平塚~丹沢山塊間でのエアロゾル化学成分の変化、第51回大気環境学会年会 2010年

    沖縄辺戸岬でのPM2.5粒子状物質の重量濃度変動、第27回エアロゾル科学・技術研究討論会 2010年

    九州北部の都市および離島における2009年度のPM2.5濃度変動、第27回エアロゾル科学・技術研究討論会 2010年

    2009年春季および秋季に辺戸岬,福江島,福岡で測定したPAHsとn-アルカン類、第27回エアロゾル科学・技術研究討論会 2010年

    2009年10月の東シナ海上空における航空機観測でのエアロゾルイオン成分、第27回エアロゾル科学・技術研究討論会 2010年

    東アジアから輸送される炭素質エアロゾルの輸送パターンと汚染プルームの特徴、第27回エアロゾル科学・技術研究討論会 2010年

    2009年10月の東シナ海上空における航空機観測でのエアロゾル金属成分、第27回エアロゾル科学・技術研究討論会 2010年

    東アジアから東シナ海周辺に輸送されるエアロゾルの金属成分、第27回エアロゾル科学・技術研究討論会 2010年

    2008年春に東シナ海域で行った航空機観測 LEXTRA、日本地球惑星科学連合2009年大会 2009年

    3-ヘキセン-1-オールのオゾン酸化反応系での二次有機エアロゾル生成、日本化学会第89春季年会 2009年

    東アジアから輸送される汚染大気中の有機エアロゾル、日本化学会第89春季年会 2009年

    沖縄県辺戸岬における大気中窒素化合物の連続観測とCMAQ モデル計算結果との比較、日本化学会第89春季年会 2009年

    大気エアロゾル成分の植生への沈着観測、第26回エアロゾル科学・技術研究討論会 2009年

    008年LEXTRA航空機観測におけるエアロゾル中のイオン成分および金属成分、第26回エアロゾル科学・技術研究討論会 2009年

    沖縄でのエアロゾル長期観測と濃度変化、第26回エアロゾル科学・技術研究討論会 2009年

    沖縄辺戸岬における越境大気汚染物質濃度の観測とCMAQ化学物質輸送モデルとの比較解析、第50回大気環境学会 2009年

    フィルターパックを用いた乾性沈着直接測定法の検討、第50回大気環境学会 2009年

    清浄地域におけるガス状硝酸・粒子状硝酸の濃度変動解析、第50回大気環境学会 2009年

    2008年LEXTRA航空機観測におけるエアロゾル中のイオン成分および金属成分、第50回大気環境学会 2009年

    沖縄辺戸岬におけるEC、OCの季節と発生源地域別の変動、第50回大気環境学会 2009年

    沖縄辺戸岬におけるガス状過酸化水素の季節変化、第50回大気環境学会 2009年

    沖縄辺戸岬における有機エアロゾルの組成と季節変化:2005-2007 年に観測されたn-アルカン類、日本地球惑星科学連合2008年大会 2008年

    東シナ海域におけるガスおよびエアロゾルの航空機観測、第25回エアロゾル科学・技術研究討論会 2008年

    中国北東部と福江、沖縄における航空機、地上観測による長距離輸送間の汚染質の変質過程観測、第25回エアロゾル科学・技術研究討論会 2008年

    大気エアロゾルの輸送中の変質について、第25回エアロゾル科学・技術研究討論会 2008年

    2008年春季東シナ海上空での航空機観測によるオゾン、SO2、エアロゾル化学成分、第14回大気化学討論会 2008年

    航空機および地上観測によるブラックカーボン濃度の測定、第14回大気化学討論会 2008年

    粒子状硝酸塩連続測定装置のキャラクタリゼーション、第14回大気化学討論会 2008年

    沖縄辺戸岬におけるEC、OCモニタリング、第14回大気化学討論会 2008年

    アジア大陸からの長距離輸送過程におけるNOy、ガス状硝酸、粒子状硝酸の濃度変動について、第14回大気化学討論会 2008年

    エアロゾル粒子の吸湿成長因子の変動から雲凝結核能力を理解する試み:沖縄における観測例、第14回大気化学討論会 2008年

    Long-term observation of VOCs concentrations at Cape Hedo, Okinawa、第14回大気化学討論会 2008年

    沖縄辺戸および小笠原父島におけるsulfate/black carbon濃度比の変化、第49回大気環境学会年会 2008年

    福江-沖縄間東シナ海上空におけるエアロゾル・大気汚染物質の観測、第49回大気環境学会年会 2008年

    アジア大陸からの長距離輸送過程における窒素酸化物種の変動解析、第49回大気環境学会年会 2008年

    東シベリア、沿海州地域における降水成分及びガス・粒子状成分濃度 (第7 報)、第49回大気環境学会年会 2008年

    エアロゾルの同期観測と輸送中の変質、第24回エアロゾル科学・技術研究討論会 2007年

    Long-range Transport of Organic Aerosol from Continental Origin to Cape Hedo, Japan、第24回エアロゾル科学・技術研究討論会 2007年

    沖縄辺戸岬におけるレーザーイオン化個別粒子質量分析計を用いた大気エアロゾル観測、第24回エアロゾル科学・技術研究討論会 2007年

    中国など東アジアに由来する長距離越境大気汚染の観測-観測ネットワークの必要性-、世界エコ・サイエンスネットワーク会議 2007年

    2006年春の中国における大気・エアロゾルの航空機観測および地上観測、第24回エアロゾル科学・技術研究討論会 2007年

    沖縄辺戸岬におけるエアロゾル化学成分の観測 -ナイトレートの場合-、2007年度日本海洋学会秋季大会 2007年

    沖縄辺戸岬におけるNOy・ガス状硝酸長期連続観測、2007年度日本海洋学会秋季大会 2007年

    中国北京・天津周辺における大気汚染物質の航空機観測と地上観測、第48回大気環境学会 2007年

    中国舟山、武当山、峨眉山における大気汚染質の観測、第48回大気環境学会 2007年

    東シベリア、沿海州地域における降水成分およびガス・粒子状成分濃度(第6報)、第48回大気環境学会 2007年

    日光白根山で捕らえた大陸からのオゾン、第27回酸性雨問題研究会シンポジウム「越境大気汚染と山岳観測」 2007年

    海洋上低層大気中の過酸化水素・有機過酸化物の測定、第2回特定領域研究「大気海洋物質循環」全体会議 2007年

    エアロゾルとは?-環境問題から有効利用まで-、和光市民講座:身近なエアロゾル-環境問題から有効利用まで- 2007年

    中国国内と日本におけるエアロゾルイオン成分濃度比較、第17回大気化学シンポジウム 2007年

    トルエンの光酸化で生成するエアロゾル組成の初期NOx濃度依存性、第17回大気化学シンポジウム 2007年

    Long-range transport of organic aerosol from continental origin to Cape Hedo, Okinawa、第17回大気化学シンポジウム 2007年

    沖縄辺戸岬における大気エアロゾル中に含まれる硝酸塩の季節変動、第17回大気化学シンポジウム 2007年

    中国北京・天津周辺における大気汚染物質の航空機観測(2006年4-5月)、日本化学会第87春季年会 2007年

    中国における大気汚染物質の航空機観測とこれに同期した地上観測(2006 年4-5 月)におけるエアロゾル化学成分の特徴、日本地球惑星科学連合2008年大会 2007年

    東アジア域における窒素系化合物の輸送と変質、日本地球惑星科学連合2008年大会 2007年

    トルエンの光酸化で生じる二次有機粒子:組成のNOx依存性と反応機構の検証、第23回化学反応討論会 2007年

    沖縄への汚染大気の長距離輸送:一酸化炭素とオゾンの季節変化、日本化学会第85春季年会 2006年

    沖縄辺戸岬における炭化水素類の2003観測結果の気流解析、日本化学会第85春季年会 2006年

    アジア地域のバックグラウンド大気の変化と日本への影響-中国における航空機観測と日光白根山における観測から-、学術会議・農業環境工学研究連絡委員会 小委員会シンポジウム 2005年

    航空機による中国内陸部上空の大気汚染物質・エアロゾルの観測、第22回エアロゾル科学・技術研究討論会 2005年

    沖縄辺戸岬大気・エアロゾル観測ステーションの建設とエアロゾルの観測、第46回大気環境学会 2005年

    春季福江島と沖縄辺戸岬で観測したエアロゾル化学成分の比較、第15回大気化学シンポジウム 2005年

    北関東域での地表オキシダントのトレンドと増大要因、第15回大気化学シンポジウム 2005年

    都市大気起源SO2,及びNOxの酸化に関して雲がもたらす影響の評価-PEACE-C航空機観測-、第15回大気化学シンポジウム 2005年

    航空機搭載紫外分光リモート・センサによる三宅島上空のSO2観測:ガス気柱量推定値の放射伝達計算への依存性の検討、第15回大気化学シンポジウム 2005年

    シクロへキセンのオゾン分解で生成する二次有機粒子のHPLC/MS分析、第15回大気化学シンポジウム 2005年

    中国中央部内陸上空における大気汚染物質の航空機観測、日本化学会第85春季年会 2005年

    アジア地域のバックグラウンド大気の変化と日本への影響-中国における航空機観測と日光白根山における観測から-、学術会議・農業環境工学研究連絡委員会 小委員会シンポジウム 2005年

    航空機観測による中国大陸上空の水溶性有機エアロゾル:2003年夏における低分子ジカルボン酸類の分布の特徴、第11回大気化学討論会 2005年

    春季における大気エアロゾルの観測、第10回大気化学討論会 2004年

    飛行機を使って中国の大気汚染を探る-酸性雨・地球温暖化とのかかわり-、平成16年度国立環境研究所公開シンポジウム 2004年

    航空機搭載紫外分光計Air-borne OPUSによって観測された三宅島噴煙中SO2の解析、日本リモートセンシング学会第36回学術講演会 2004年

    中国における航空機観測によって測定された大気汚染物質、第14回大気化学シンポジウム 2004年

    エアロゾル質量分析計を用いたAPEX期間中の大気エアロゾルの観測、第14回大気化学シンポジウム 2004年

    Air-borne OPUSによる紫外分光観測:三宅島SO2の水平分布解析と他の観測例との比較、第14回大気化学シンポジウム 2004年

    2003年の地上および航空機観測の概要と2002年観測結果の解析、文部科学省科学研究費補助金特定領域研究「東アジアにおけるエアロゾルの大気環境インパクト」平成15年度シンポジウム 2004年

    中国の大規模発生源地域におけるSO2/NOx比、日本化学会第84春季年会 2004年

    沖縄県辺戸岬における大気中エアロゾルの観測、日本化学会第84春季年会 2004年

    中国-東シナ海-沖縄を長距離輸送されるエアロゾルのSO42-, NO3-, NH4+およびCa2+のバランス、第10回大気化学討論会 2004年

    AMSを用いた沖縄辺戸岬でのエアロゾルの観測と化学成分の分析、第21回エアロゾル科学・技術研究討論会 2004年

    航空機観測で得られたエアロゾル化学成分間の相関、第21回エアロゾル科学・技術研究討論会 2004年

    航空機観測による中国および東シナ海上のエアロゾル化学成分観測、2004年度日本地球化学会第51回年会 2004年

    中国における航空機観測とエアロゾル、第45回大気環境学会 2004年

    沖縄県辺戸岬でのエアロゾル質量分析計による大気エアロゾルの観測、第45回大気環境学会 2004年

    中国や日本周辺における航空機観測による大気エアロゾルとその輸送・変質、エアロゾルシンポジウム 2004年

    冬期における中国大陸から沖縄への高濃度汚染気塊の直接飛来の観測、大気環境学会中部支部講演会 2004年
委員会活動2017年 - 現在 環境省 中央環境審議会委員・大気騒音振動部会長
2016年 - 現在 環境省 大気モニタリングデータ総合解析ワーキンググループ会合座長
2016年 - 現在 環境省 越境大気汚染・酸性雨対策検討会座長
2010年 - 2016年 環境省 越境大気汚染・酸性雨対策検討会、大気分科会検討員
受賞2015年6月 アジアエアロゾル研究会議 アジアエアロゾル研究会議フェロー
2012年9月 (公社)大気環境学会 大気環境学会論文賞
      受賞者: 島田幸治郎、高見昭憲、加藤俊吾、梶井克純、畠山史郎
2012年8月 日本エアロゾル学会 エアロゾル計測賞
2012年6月 (公財)日立環境財団、(株)日刊工業新聞社 環境賞優良賞
      受賞者: 畠山史郎、村野健太郎、坂東博、高見昭憲、Wang Wei
2011年9月 (社)大気環境学会 大気環境学会賞学術賞
学会等活動2010年 - 2012年 日本エアロゾル学会 会長
その他有機エアロゾル・エアロゾル金属成分の観測: 地球環境研究総合推進費
研究期間: 2010年 - 2012年

東アジアから輸送されるエアロゾル化学成分の航空機観測: 科学研究費補助金
研究期間: 2008年 - 2012年

海洋上低層大気中の過酸化水素・有機過酸化物の測定: 科学研究費補助金
研究期間: 2007年 - 2008年

アジア大陸からのエアロゾルとその前駆物質の輸送・変質プロセスの解明に関する研究
研究期間: 2005年 - 2008年